校章?シンボルマーク

校章

  • 校章_大學

開學當時、新宿キャンパスがある落合の臺地には桐が多く自生し、桐ヶ丘と呼ばれていました。また、創立者?佐藤重遠先生の家紋も桐であったことから、目白學園の各學校の校章には桐が用いられています。その意匠には、この地で學ぶ人々が「桐」という字のごとく心を同じくして切磋琢磨し、大きく成長するように、という願いが込められています。

シンボルマーク

マークコンセプト

上下に伸びるオーバル(楕円)は、限りなく上昇する円をモチーフにしたもので、宇宙、連鎖、調和、さらにバランスのとれた健全な生命などを象徴しています。地球をイメージさせるその形狀は、目白學園の大きな特性であるグローバル性をも同時に意味しています。また三角形の三點は、建學の精神である主、師、親を表し、その三辺は教育理念である徳、知、行を暗示しています。楕円と三角形が創り出す、ひとつの宇宙。無限の可能性を感じさせる美しく大膽なフォルムによって、國際的で洗練されたスタイリングを靜かに醸成します。

カラーコンセプト

シンボルマークに使用しているメインカラーは、MGブルーMGイエローの2色。
MGブルーは地球、自然、若さ、希望などを表します。
MGイエローでは光、歓び、自由、創造、発見などを表しています。
※MGとはMEJIRO GAKUENの略。MGブルー?MGイエローは、目白學園のスクールカラーです。

ロゴ集