経営學部

経営學科

Department of Business Administration 新宿キャンパス

授業レポート

  • 経営學科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大學トップ, 學園トップ

経営學科でインターンシップを組み込み企業の課題を解決提案するという新しい授業「現代マネジメントC」がスタートしました

経営學科では1年生からキャリア科目を體系的に実施しています。その中で、特に、學生たちがリアルな働く現場と働く人に觸れ、社會人?職業人として必要な、主體性、課題発見力、決斷力、責任感、リーダーシップ、協調性等の能力を身につけるには、課題解決型のインターンシップが非常に効果的です。

そのため、2020年度の秋學期より、2?3年生を対象とした「現代マネジメントC」(擔當:末廣啓子教授)の講義內において、「課題発見?解決型インターンシップ」を開始しました。
末廣教授のコーディネートにより、株式會社コロワイドおよび、若年支援NPOのとちぎユースサポーターズネットワークのご協力をいただいています。この授業での體験と學びによって、學生たちが気づきを得て自己の進路?職業選択に自信をもって臨めるようになることが目標です。

折あしく新型コロナウイルス感染癥が猛威を振るう中でのスタートでしたが、授業の趣旨に鑑みて、學科唯一の対面を取り入れた授業として実施しました。殘念ながら肝となるインターンシップはコロナ禍で企業において実施できず、大學に場所を移しての実施となりましたが、ゲームを交えたコロワイドの仕事の疑似體験やそれを通しての働くことの理解、全國からの課題関連部署の社員とのWeb質問座談會など、コロワイド主催のプログラムは盛り沢山で楽しく、中身の濃い有意義なものとなりました。

授業は、前半でチームとしての活動や課題解決手法を學んだあと、課題ごとにチームを組んで解決案を作成、企業の前で発表するという內容でした。當初、學生たちは、課題の捉え方にまず四苦八苦しており、解決提案の中間発表までこぎつけたものの社會人?企業人の視點から手厳しい評価をもらい、その後俄然エンジンがかかり、12月の最終発表會では見違えるほど成長した発表を見せてくれました。

學生の聲

  • この授業を通して、協調性と、視野を広くすることを學んだ。
  • 難しい課題にも果敢に挑んでいく大切さを學んだ。答えが出ない場面が多くあり、大學生活で一番苦労をした課題で毎日大変だったけど、達成感を同時に味わえた。
  • 人に頼ることが苦手で新しく関係を築くのも億劫だったが、社會人や先輩等に意見をもらう機會が増えて、自分とは違う考えやアイデアに觸れることはとても新鮮で、対人関係についての考えが変わった。
  • 普段、アルバイトをして會社の人と話す機會はあるものの、ここまで企業の人としっかりお話しする機會もなく、「働くとは何か」を考えた事がなかった。
  • 取り組めば取り組むほど、このテーマの難しさに気づいた。最初はありきたりな課題解決策しか思い浮かばず、非常に苦労したが、終わってみて、この授業を選択して良かったと非常に思う。こんな経験はできることではない貴重なものだったし、いい意味で社會の厳しさも知れた。

こうした學生の聲や初年度の試行錯誤の結果をふまえて、「現代マネジメントC」では今後、産業界?企業との協働でさらにプログラムを進化させた講義を行っていく予定です。

  • 最終発表の様子
  • 表彰式
  • 授業風景①
  • 授業風景②