メディア學部

メディア學科

Department of Media Studies 新宿キャンパス

學科からのお知らせ

  • メディア學科
  • 學科からのお知らせ
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大學トップ, 學園トップ

メディア學科?牛山佳菜代クラス3年生、西沢美壽紀さんが「JFNラジオCMコンテスト2021?ラジオに乗せて、學校アピール」にて優秀賞を受賞!

  • 授賞式の様子(中:西沢さん、左:株式會社エフエム東京代表取締役社長 黒坂修氏、右:同社営業局長 村上正光氏)

全國の學生が自身の學校をPRするラジオCMコピーを競う「JFNラジオCMコンテスト2021?ラジオに乗せて、學校アピール」にて、メディア學部メディア學科牛山佳菜代クラスの3年生 西沢美壽紀さんが優秀賞を受賞しました。

JFN38局と日本の次世代を擔う全國の學生がタッグを組み、學生自身の學び舎をテーマに、自由な発想と表現力の発露の場を設けることを目的としたこのコンテストは、今年で10回目の開催となります。

牛山クラスでは、オンラインで活動に制限がかかる中でも、地域との連攜プロジェクトや外部のコンテストに積極的に挑戦をしてきました。その活動の一環として、このような狀況だからこそ改めて自分たちの大學と向き合ってみようという意図のもと、3年クラス生全員が自分のアイデアを磨き上げ、このコンテストに応募しました。その結果、西沢さんの作品が、応募総數3000本以上の中から、全國で2番目となる「優秀賞」を受賞しました。

西沢さんの作品「目白大學/ふたり坂」編は、普段通學している坂での2人の學生の會話をテーマとしたものです。審査員からは、目白大學の「通學路のきつい坂道」を逆手に取った発想が面白い、他とは違う大學のキャラクター?人格付けをする試みがユニーク、今を生きるリアルな「実感」から生まれた言葉である、など高い評価を受けました。

西沢さんの作品は、優秀賞の副賞として、8月23日(月)より2週間、JFN系列の全國38局で毎日放送されます。

放送日時 JFN系列の全國38局で放送
  • 8月23日~9月5日(月、火、水、木)?22時32分
  • 8月27日(金)9月3日(金)?22時14分
  • 8月28日(土)?16時53分
  • 8月29日(日)?12時28分
  • 9月4日(土)?22時29分
  • 9月5日(日)?23時29分

西沢さんの作品は以下のWebサイトからも聞くことができます。
2021年入賞作品(JFNラジオCMコンテスト)

西沢さんの受賞コメント

このJFNラジオCMコンテスト2021を知ったきっかけは、クラスの先生からの紹介でした。普段の活動とは異なり、ラジオCMを考えることは初めてでしたが、挑戦する機會やモノづくりの楽しさを教えていただいた牛山先生には感謝しています。
CM制作時、大學の魅力とは何かを考えた際に、目白大學の學生の一日は、「坂に始まり、坂に終わる」といっても過言ではないくらいの急な坂のことを思い出しました。コロナ禍になる前、登校時にあちこちで學生同士の話し聲が聞こえてきたことが頭の中に浮かび、「坂」をテーマにしようと考えました。
この作品は、オンライン授業が続き、毎日學校へ登校することや友だちと一緒に授業を受けることができない今、「大學へ毎日笑いながら登校できる日常に早く戻りますように」という想いを込めて作りました。他にも坂にちなんだ作品を三つ作りましたが、最初に作り上げたのがこの「ふたり坂」です。課題に悩む姿であったり、大切な友人のことなど、さまざまな想いが詰まった作品になっていると思います。
制作の現場にも立ち會わせていただき、貴重な経験ができました。自分の原稿が、プロの手によりカタチになっていく様は、圧巻でした。40秒の間に、このCMを耳にした人に何かを感じてもらえたらうれしいです。
今回、優秀賞をいただき、周りの人からもらう感想や審査員の方々のコメント一つひとつが、自分の中の自信となりました。
最後に、コンテストに応募するきっかけをくださった牛山先生、日々一緒に活動しているクラス生のみんな、CM制作に一緒に參加してくれた友人、そしてコンテストに関わる全ての方に感謝申し上げます。