外國語學部

韓國語學科

Department of Korean Language Studies 新宿キャンパス

學科の特色

韓國語の習得をベースに文化や言語の理解を深め
韓國の歴史?文化?社會に精通した人材に

學びの特色

  • 「使える韓國語の習得」と「経験による文化理解」を目指し、原則として全員が1年間の交換留學
  • 2年間以上の留學で、日韓両國の學位が取得できるデュアル?ディグリー(D.D.)制度を採用
  • 習熟度別クラスを実施、効率的に學びを進めながら韓國語のプロを養成
  • 「韓國語の習得」をベースに「文化の理解」「言語の探究」の2方向の學びが可能

4年間のステップ

學びのポイント

韓國語の習得をベースに文化?言語の理解を深める

韓國語はもちろん、韓國の歴史?文化?社會に精通した人材を養成します。
「使える韓國語の習得」と「経験による文化理解」を目指し、原則として2年次から全員が最短1年間の韓國留學を経験します。

文化の理解と言語の探究から韓國語を學ぶ
おもな専門教育科目
    • 韓國伝統文化
    • 韓國現代文化
    • 韓國事情A?B(総合)
    • 韓國古典文學
    • 韓國現代文學
    • 韓國語科教育法1~4
    • 韓國語學概論A?B
    • 韓日通訳演習
    • 日韓通訳演習
    • 韓日翻訳演習
    • 日韓翻訳演習
    • 韓國語基礎會話、韓國語応用會話
    • 韓國語基礎作文、韓國語応用作文
    • 韓國語基礎文法、韓國語応用文法
    • 韓國語學留學1~7
    • 韓國語基礎聴解、韓國語応用聴解
  • 文化の理解

    韓國の歴史や伝統文化をはじめ、現代の風俗や習慣について理解を深めます。授業では映像や音楽などの視聴覚教材も用いて、より具體的に「韓國」を體感しながら學びます。また、韓國の文化に関する學習を通して、韓國人の感性や考え方にふれ、より深い相互理解を可能にする國際感覚を磨きます。

  • 言語の探究

    身につけた韓國語を言語學の視點からさらに深く理解していきます。日韓両國の「言葉のプロ」を育成し、將來は日本の中學?高校教員、日韓2ヵ國語の通訳?翻訳家、韓國國外の外國人に韓國語を教える韓國語教員などが期待されます。また、國內外の大學院へ進學する研究者としての道も拓けています。

全員が參加できる交換留學と臨地研修
  • 交換留學

    交流協定を結ぶ大學へ留學し、お互いの文化などを深く知る交換留學。留學先には學費を納める必要はなく、留學をしても、単位互換制度によって本學を4年間で卒業できます。原則として2年次に全員が、18ある留學協定校の中から一箇所で1年間以上の交換留學を體験します。

    デュアル?ディグリー(D.D.)制度

    デュアル(Dual)は「2つの?複數の」、ディグリー(Degree)は「學位」という意味です。交換留學を利用して協定校に2年間以上留學し、協定校で修得した単位を本學の単位として設定。さらに、本學で修得した単位を協定校の単位として相互に認定してもらうことで、最短4年間で目白大學と協定校の2つの學位を取得することができる制度です。D.D.制度への挑戦者は、希望者の中から選抜されます。

  • 臨地研修

    國內外で研修できる制度。卒業までに1~6のいずれかを履修します。

    臨地研修1?2?3?4

    1?2年次に約2または4週間、春季あるいは夏季休暇を利用して、韓國の大學に短期留學したり、自主的な調査活動をしたりする研修です。

    臨地研修5?6

    3?4年次に約4ヵ月間、韓國の大學で語學留學を行う研修です。

留學について
留學サポート
  • 留學中の學習生活面のサポートだけでなく
    留學後の就職活動もサポートします

    2年次からの韓國への交換留學を想定した、韓國の社會システムからトレンドまで幅広く取り上げる授業や、韓國語學科後援會による留學説明會や交流イベントなど、留學への準備體制は萬全です。留學中の學びや生活の面でのサポートはもちろん、就職活動のためにコンサルタントを招き指導するなど留學後の活動まで手厚く支援しています。

    體験者の聲
    手厚いサポートのおかげで志望する業界の內定を得られました

    留學中は、就職活動のイメージをつかむことが難しく、1年間日本にいないことで遅れてしまうのではないかと不安に思っていました。しかし、留學後に目白大學のキャリアセンターのサポートを受け、一から準備を整えることができました。キャリアカウンセラーの方や學科の先生からのアドバイスは実用面でも精神面でも心強く、無事に第一志望の業界に內定を得ることができました。

  • 交換留學へのステップ
    • 韓國事情A?B(総合)

      1年次の必修科目である「韓國事情A?B(総合)」では、2年次に韓國への交換留學生として派遣されることを想定し、韓國の社會システムからトレンドまで、幅広く取り上げます。また、韓國語學科の交換留學システムやデュアル?ディグリー(D.D.)についての説明、臨地研修やパスポート、就學ビザなど留學手続きの仕方なども丁寧に指導。留學への不安を取り除くとともに、留學に向けて準備ができるようにサポートします。

    • 韓國語學科後援會

      韓國語學科の卒業生や在學生の保護者を中心に結成され、學科が主催する留學説明會や留學歓送會の運営を支援しています。留學説明會は、1~2年にわたる長期の韓國留學について保護者に理解を深めてもらうため、留學歓送會は長期留學を目前に控えた學生の留學意欲を高め、支えることを目指して実施。また、韓國からやって來た交換留學生向けのイベントを開催し、本學學生との交流機會を演出しています。