保健醫療學部

作業療法學科

Department of Occupational Therapy さいたま巖槻キャンパス

學科からのお知らせ

  • 作業療法學科
  • 學科からのお知らせ
  • さいたま巖槻
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大學トップ, 學園トップ

作業療法學科の學生が「アーチェリー體験會」に參加しました

7月4日(日)保健醫療學部作業療法學科の學生が、アーチェリーの體験會に參加しました。

本來は、地域連攜事業の「障害者アーチェリー」の體験とサポートに參加予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で今回の參加ができなくなってしまったため、學生たちにまずは「アーチェリー」というスポーツの魅力を知ってもらおうと、擔當の安井宏専任講師が體験會を開催しました。
參加學生は、障害者アーチェリー支援に參加予定だった3年生5人、1年生1人の計6人です。

安井専任講師が指導も擔當し、學生は、道具のセットの仕方から実際に矢を射るまで、1から教わる事ができました。はじめは慣れない動作に苦戦していましたが、回數を重ねるごとにコツをつかみ上達している様子でした。中には、アーチェリーを今後の趣味にしたいと考える學生もいました。

弓は想像以上に重く、矢を射る動作は、腕の力や全身の姿勢が非常に重要です。健常の學生でも重く難しい動作を、障がいのある選手も同じように行います。実際に、自分たちが體験をしたことで、障がいのある選手がおこなうことがどれだけすごいことなのかを実感していました。學生たちにとって、新たなスポーツとの出會い、「障害者アーチェリー」に対する新たな発見につながる、貴重な時間となりました。

學生だけでは一歩踏み出しにくいスポーツではありますが、大學、學科を通して、學生が前向きにチャレンジできる環境を提供していきたいと思います。
そしてオリンピック、パラリンピックが間近に控えているので、ぜひ「アーチェリー」をチェック、応援してほしいと思います。