保健醫療學部

言語聴覚學科

Department of Speech, Language and Hearing Therapy さいたま巖槻キャンパス

學科の特色

患者さんの不安に寄り添う心が大切

學びの特色

その1
言語聴覚療法に必要とされる基礎的な一般教養、
読解力?表現力を身につける
その2
コミュニケーション力や心理的サポートを重視し、
人間理解を基礎にした人格形成を目指す
その3
講義?演習?実習を核として、
臨床で必要とされる4つの學問領域を學ぶ
その4
目白大學耳科學研究所クリニックでの演習と、
學外で行う臨床実習を実施

言語聴覚士とは

言語聴覚士

病気や加齢、または生まれつきの障がいなどによって、「話す」「聞く」「食べる」ことが困難な方に、リハビリテーションを行う仕事です。
対象は小児から高齢者までさまざまで、自分の気持ちをうまく伝えられない患者さんに寄り添うことができ、信頼される人間性も求められます。

學びのPOINT

言語聴覚障がいのある患者さんの気持ちを読み取り、必要な訓練や指導を行うためのコミュニケーション力を習得。臨床に必要とされる體系的な知識や技能を、演習や実習を通じて養成します。

  • 話す

    高次脳機能の問題発達の問題読み書きが苦手発音がおかしい言葉につまる聲が出ない心理的サポート學校教育との連攜

    失語癥や各種の高次脳機能の癥狀について発現機序や治療などを學ぶほか、発達に問題を抱える児童の言語?コミュニケーションや発聲?発語に対する評価や訓練、指導の方法を學びます。

  • 聞こえ

    聞こえの問題

    聞こえについての評価や、適切な補聴、コミュニケーション法の選択、言語指導などの聴覚リハビリテーションについて學びます。

  • 食べる

    安全に
    おいしく食べる

    摂食や嚥下の検査法と評価法に加え、訓練や指導の方法について學びます。

言語聴覚士

その人に合わせた訓練?援助を実施

[活躍の場]
病院(リハビリテーション科、耳鼻咽喉科、小児科、口腔外科)/障害福祉センター/小児療育センター/通園施設/老人保健施設/特別支援學校/保育所 など

少人數制で教員によるきめ細かなサポート
サポート
教員1名につき 學生:3.6

1學年40名の少人數編成であるため、教員のきめ細かな指導が學生全員に行き屆いています。授業や実習での疑問點、また、日常生活の悩みごとなど、學生のあらゆる相談に教員が対応できる體制を整えています。有資格者で実績のある多くの教員は學生一人ひとりの學習の進捗や理解度などを把握しており、學生は自分の狀況に応じた指導を受けることが可能です。

実習について

実習前教育で臨床能力を高める

2年次以降の學外実習に備え、知識や技術だけでなく、醫療従事者としての心構えも1年次から丁寧に指導します。

  • 演習型授業

    1年次から教員の指導の下、學內クリニックで実際に言語聴覚療法を體験。醫療従事者としての基本的な態度や実踐的な技能、患者さんへの接し方などを學び、臨床能力に磨きをかけます。

    目白大學耳科學研究所クリニック

  • 充実の初年次教育

    「言語聴覚療法基礎演習」では現場で活躍している卒業生を招き、仕事の魅力や勉強法などをテーマに講義を実施します。

    言語聴覚療法基礎演習の授業レポート

  • 臨床実習に必要な力を養成

    経験豊かな言語聴覚士などから指導を受けます。一対一の會話演習で、臨床に必要なコミュニケーション力などを高めます。

実習スケジュール
  • 1年次
  • グループごとに施設を見學、コミュニケーション力を高める

    數か月にわたり小グループで施設を訪問し、高齢者の方との接し方などについて學習します。

  • 2年次
  • 學外の施設で実習

    外部施設で1週間の「基礎実習」を行います。

  • 3年次
  • 臨床場面に參加し臨床に必要な基本的態度を培う

    目白大學耳科學研究所クリニックで、教員の臨床場面に同席し、一部を実施する中で臨床に必要な知識?態度?技能を身につけます。

    総合評価演習

    9月下旬?1月下旬〈目白大學耳科學研究所クリニックで15週間〉

    4年次の學外臨床実習に備えて行う演習。
  • 4年次
  • 臨床実習を體験する

    學外実習は、2施設で各6週間実施。言語聴覚士の指導の下、業務の実踐に近い経験を積みます。

    臨床実習Ⅰ?Ⅱ

    4月下旬?9月下旬〈學外の臨床施設で12週間〉

    対象者との関わりだけでなく、言語聴覚士の業務の流れや他職種との連攜についても、擔當言語聴覚士から直接指導を受けて學びます。
実踐を意識できる演習室

さまざまな現場に近い環境で実體験を積み重ねます。

國家試験対策

學習面から體調面までカバー
教員の手厚いサポートで國家試験に備える

複數回実施する學科オリジナルの模擬試験を通して実踐力を養い、國家試験対策講義や擔當教員の下でのグループ學習によってさらに理解を深めます。また、擔當の教員が學習の內容や進度の確認だけではなく、體調の管理にも留意するなど學生一人ひとりに対してきめ細かな指導にあたります。こうして、知識面も體調面も萬全な狀態で國家試験本番に臨める環境を整えます。

  • 01少人數制を生かした國家試験対策

    數人のグループに分かれ、學生同士で解いた問題を解説し合います。より理解が深まり、知識が定著。教員は學習面はもちろん、実習や大學生活へのアドバイスも行います。

  • 02國家試験対策の特別講義で苦手科目を克服

    教員は模試の結果を検討し、専門領域の講師を招聘。苦手科目を克服し、総合成績を向上させるため、工夫を凝らした特別講義を行います。

  • 03オリジナル問題と過去問題で合格対策

    教員が作成したオリジナル問題と過去問題を併用。進行速度は、學生一人ひとりのレベルに合わせて対応します。

※畫像をクリックすると拡大します。

スケジュール

目指せる資格?進路

さまざまな病院や施設に就職。
言語聴覚士として輝ける就職先の多様性が特徴

リハビリテーション専門病院、一般病院や大學病院のリハビリテーション科、介護老人保健施設、小児教育施設、教育委員會など、就職先は実に幅広い領域にわたっています。

  • 目指せる資格?免許
    • 言語聴覚士國家試験受験資格
  • 想定される進路
    • 病院(リハビリテーション科など)
    • リハビリテーションセンター
    • 保健センター
    • 小児療育センター
    • 介護老人保健施設
    • 教育委員會などの教育関連領域
    • 大學、研究機関 など

資格?進路?就職先の詳細はこちら