保健醫療學部

言語聴覚學科

Department of Speech, Language and Hearing Therapy さいたま巖槻キャンパス

學科からのお知らせ

  • 言語聴覚學科
  • 學科からのお知らせ
  • さいたま巖槻
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大學トップ, 學園トップ

第22回言語聴覚學會のシンポジウム「言語聴覚士の臨床実踐力を磨く」に春原則子學科長が登壇しました

  • 「言語聴覚士を大學で養成するということ~課題と取り組み」と題して発表

6月19日(土)、現地開催+オンライン配信のハイブリッドで実施された第22回言語聴覚學會で、保健醫療學部言語聴覚學科の春原則子學科長がシンポジウム「言語聴覚士の臨床実踐力を磨く」の第1部、「言語聴覚士の現狀と課題」においてシンポジストを務めました。

このシンポジウムでは、養成校での取り組みと臨床現場での取り組みについて、それぞれのシンポジストからの発表があり、その後30分にわたって會場の參加者を含めた討論が行われました。

會場からの質問に答える春原教授

春原教授は、新入生が言語聴覚士のイメージを明確にし、モチベーションを向上させるため、卒業生の話や當事者?ご家族のお話を聞いたり、併設のクリニックで教員の臨床に參加したりする取り組み、新入生の學力向上とコミュニケーション能力向上を目的とした日本語力向上プログラム、コミュニケーション力向上を目指した會話指導、近隣高齢者施設での活動など、育てて送り出すための本學のさまざまな取り組みを紹介しました。
また、多くの養成校の課題である、臨床実習施設との連攜についても、今年度開始したプロジェクトを紹介しました。
終了後、複數の養成校の先生方から、感動した、取り入れたい活動がいくつもあった、といった感想をいただきました。

本學科はこれからも、學生を大切に育てて、力のある言語聴覚士になれる基盤を作って送り出すための実踐を行っていきます。