保健醫療學部

言語聴覚學科

Department of Speech, Language and Hearing Therapy さいたま巖槻キャンパス

授業レポート

  • 言語聴覚學科
  • 授業レポート
  • さいたま巖槻
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大學トップ, 學園トップ

言語聴覚學科1年生が「なりたいST像」について発表を行いました

  • 緊張の面持ちで壇上に立つ學生

6月17日(木)、保健醫療學部言語聴覚學科の1年次生対象の「言語聴覚療法基礎演習」において、「なりたいST(言語聴覚士)像」の発表を行いました。

この科目ではこれまで、卒業生や言語聴覚士の資格を持つ教員、言語聴覚療法を受けた方?ご家族からのお話を聴き、言語聴覚士の仕事や役割について學んできました。また、スピーチの仕方についても學び、表情や話す速度、聲の大きさ、抑揚など、「人に伝える話し方」を練習してきました。今回の発表では、言語聴覚士についてこれまで學んだことと自ら調べたことから、今の時點で目指したい言語聴覚士像をまとめ、1人2分の持ち時間でスピーチを行いました。

発表前の學生はやや緊張した面持ちで、不安な様子でした。しかし、発表が始まると、しっかり顔を上げ、これまで學んだ「人に伝える話し方」を実踐して、はっきりとした口調、適切な発話速度で意見を述べていました。

「患者さんやご家族の気持ちに寄り添える言語聴覚士になりたい」「病気や障がいとは関係なく、人として接したい」――これらは、多くの學生が述べていた意見です。また、「言語聴覚士である前にまず人として信頼されたい」「この人に診てもらえてよかったと思われる言語聴覚士になりたい」「精神面も支えたい」といった內容が発表されました。多くの學生さんが、將來、自分がお會いすることになる相手の方を「患者さん」としてではなく「一人の人」ととらえようとしていることがうかがえました。醫療従事者は高い専門性があるがゆえに、時に患者さんを「一人の人」としてとらえることが難しくなることもあります。1年生には、これから専門領域の學習が進んでも、4年間の大學生活を経て言語聴覚士になっても、今の気持ちを忘れないでいてほしいと思います。

入學して2カ月、1年生は慣れない大學生活の中でさまざまなことを學んでいます。1回の授業や1日では変化は見えなくても、振り返るとそれぞれが大きく成長していることがわかります。今回の「なりたいST像」の発表においても、學生たちの"大きな成長"を感じることができました。

  • 堂々と発表する學生
  • 他の學生の発表に聞き入る學生たち