保健醫療學部

言語聴覚學科

Department of Speech, Language and Hearing Therapy さいたま巖槻キャンパス

授業レポート

  • 言語聴覚學科
  • 授業レポート
  • 大學 さいたま巖槻
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大學トップ, 學園トップ, 言語聴覚學科

言語聴覚學科「臨床実習特講Ⅲ」で失語癥のある當事者の方をお迎えしました

  • 甲子園やハワイの話題で盛り上がりました

保健醫療學部言語聴覚學科では、4年次の臨床実習や、言語聴覚士として働くために必要な臨床力を上げるため、「臨床実習特講Ⅰ~Ⅳ」という専門教育科目を行っています。

7月9日(金)の「臨床実習特講Ⅲ」で、3年生が失語癥のある當事者5名の方と會話をさせていただきました。この4月から失語癥を學んでいる3年生にとっては、今回が當事者の方と直接會話する初めての機會となりました。當事者のみなさんは全員、本學科教員とのつながりのある方々で、5名のうち3名の方はわざわざ東京都內から、さいたま巖槻キャンパスまでいらしてくださいました。

最初は緊張していた學生たちでしたが、當事者のみなさんの優しさにも助けられて、徐々にいい笑顔が見られるようになりました。
終了後、學生からは「とても楽しい會話ができた」「15分間の會話があっという間だった」という感想や、「もっと會話ができるように知識を身につけたい」という抱負も聞かれました。

コミュニケーションに困難のある方たちを支援する言語聴覚士にとって、會話力はとても重要な力です。學生たちは、少しでも自分たちの會話力を向上させようと、一生懸命頑張っています。今回の経験は、大変貴重な機會、學びとなりました。

ご協力いただいた當事者の方からは「學生みなさんに頑張ってほしい」「學生さんとの會話がしゃべる自信につながった」というお言葉もいただきました。言語聴覚學科では教員だけでなく、當事者の皆さまのお力をお借りしながら、將來の言語聴覚學士の卵の育成に取り組んでいます。

小林様、重田様、下山様、平塚様、渡部様、付き添いのご家族の皆さま、この度はご協力いただきありがとうございました。

  • 學生によっては知らないこと、初めて聞く言葉も多く、知識の重要性を再認識していました
  • 教員が見守る中、學生は絵や文字を用いながら會話を進めます
  • 當事者のお話に真剣に耳を傾けます